自分の心に聞くブログ

心と魂に従って自由に生きていく実験ブログ

【人生の嘘】アドラー心理学

 

こんにちは、ゆうきです。

 

9月に入りましたね。今年ももうあと4か月となりました…早い。

今年の後半は、流れがさらに加速するそうなので、自分の夢や願いが叶うスピードも早くなります。

私も、乗り遅れないように、しっかり自分を生きます!(笑)

 

f:id:kokoronikiku:20190902132755j:plain

写真(画像)の素材を無料で使えるフリー素材のぱくたそ



今日は、アドラー心理学の用語「人生の嘘」について書きたいと思います。

自分を偽って生きている人には、厳しめの内容かもしれません。

 

 

 

人生の嘘とは

 

人生の嘘というのは、簡単に言うと「人生のタスクに向き合わずにいる状態とその理由(言い訳)」を人生の嘘と呼んでいます。

(開始直後から厳しい感じ笑)

 

人生のタスクに関しては、こちらをお読みください。

人生の嘘についても少し触れています。

www.kokoronikiku.com

 

まず思ったのは、

 

人は自分で全部を選ぶより、ある程度決められていたり、自分以外の存在によって自分が左右されていると思っている方が楽なんだな、ということです。

 

私自身もそうだったし。

 

親のせい

先祖のせい

環境のせい

職場のせい

子供のせい

夫のせい

自分が何も持ってないせい

 

など、とにかく責任から逃れられますし、

自分で決めなくて済みますよね。

 

自分で決める、ということには、少なからず責任が伴います。

自分で決めた以上、どんな結果になっても、どんなことがあっても、自分で選んで決めたのだから責任を持たなければいけません。

 

でも、誰かに決められたら、その責任は持たなくてすみます。

 

上司に頼まれた仕事で失敗しても、

 

自分は頼まれただけだから

 

と言えば責任を負う必要はないですから。

 

※本当は、失敗しないために上司に「こうするとどうか?」など意見を述べることも出来ますし、どうしても無理そうなら断ることも出来ますし、その猶予はあるはずです。

 

 

私もつい最近までそれをやっていましたし(職場でもそうだし、私生活でもw)

「言い訳」をきっかけに話をする(会話の糸口に利用する)こともしてましたし。

 

でも、それをやってると、当然ながら本当の自分でいるのが難しくなります。

気分も下がります。

責任は取らなくていいけど、学ぶ機会を損失しているために停滞感が残ります。

 

 

f:id:kokoronikiku:20190823165205j:plain

写真(画像)の素材を無料で使えるフリー素材のぱくたそ

 

 

人生の嘘をやめたらどうなるか?

 

この、人生の嘘という責任転嫁をやめて生きると、

 

自分自身で好きなもの、望むものを選べるようになります。

もちろん恐怖や不安はなくなりませんが、それでも自分で選べるようになります。

そのための勇気が復活します。

 

選んだ先の結果がどうであろうと、得るものはあります。

 

失敗なら、改善や工夫する内容が分かりますし、

「そもそも自分には合わなかったし、楽しくなかったな」と言うのも分かります。

これは、自分の特性を知るのにはとても重要な気付きです。

 

成功なら、自信につながりますし、さらに工夫したいとも思うかもしれません。

 

 

いずれにせよ、自分で選んで決めたのなら、たとえそれが間違いであっても後悔はしません。

これは断言できます。

 

結果がどうあれ、自分で選んで自分で決めた。

そしてその責任を自分自身で負った…。

 

そこから得るものは、計り知れないほど大きいです。

 

 

人生の嘘をやめることで得られるものまとめ

・自信

・さらなる改善・工夫を考える楽しさ

・悔しさ(次へのバネになります)

・自分で選んだ、という自信

・自立

・責任を負う重要性を知る

・他の人の挑戦を許せる心・応援する心が自然と芽生える

・生きる意欲が湧く

 

もっと他にもありそうですが、ざっとこんな感じです。

 

 

あなたのライフスタイルを決めたのは、他の誰でもないあなた自身である

 

じゃあ、その人生の嘘をやめて自分を生きるにはどうしたらいい?

という答えはこれでございます。

 

あ、ここでのライフスタイルは「人生全般の在り方」という意味です。

つまり、自分の性格・才能・歩む道などを総括的にそう呼んでいます。

 

つまり…

 

今の自分で生きることを決めたのは紛れもなく自分自身なので、決め直すことができます。

 

人はだいたい、10歳前後の頃に自分の性格や生き方を決めると言われています。

大抵は無意識で決めるそうです。でも、その年頃の時の潜在意識と顕在意識の境目はまだ網目が緩く、強く思ったことは奥深くに刻み込まれやすい。そして、大人になっても大きく影響する。

 

環境や、家族や同級生などから受けたことが影響しているようにも見えますが、

それを「きっかけ」にして自分のライフスタイルを決めた、というのがアドラー心理学の定義です。

 

人生の嘘をやめたいなら、

 

自分がすでに形成したライフスタイル(人生の在り方)を決め直せばいい…

思い込みや固定概念を越えて、今までと違う行動をとれば少しずつ変わっていけます。

 

親のせいにするのをやめる

上司のせいするのをやめる

自分のせいにするのもやめる

 

誰のせいにするでもなく、

選んだのは自分であり、自分ではどうにもできない流れもある。

でも、それらも全て自分の糧になっているんじゃないか?

 

そう考えられたら、自分で選んできたことに後悔は少なくなると思います。

そしてそれは、精神的な自立にもなる。

 

人生の嘘をやめていくことは自分の足で立つ、本当の意味での自立をしていくことにも繋がります。

 

勇気を出して、少しづつで良いので、嘘を減らしていくと生きやすくなると思います。

 

 

 

 

 

最後まで、お読みくださりありがとうございましたm(__)m