自分の心に聞くブログ

心と魂に従って自由に生きていく実験ブログ

【承認欲求】マズローの5段階欲求

こんにちは、ゆうきしほです。

 

今日は、「承認欲求」のことを書きたいと思います!

 

認められたい、愛されたい、許されたい

無意識にそれによって動いている場合や、自覚があってもどう対処すればよいか分からない場合、参考になると思います。

 

f:id:kokoronikiku:20190823165205j:plain

無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

 

承認欲求とは?

 

承認欲求については、マズローの5段階欲求を見ると分かりやすいと思います。

 

マズローの5段階欲求の図

 

f:id:kokoronikiku:20190910145656p:plain

即席で作ったので見づらさ半端ないですがw

 

人間には、5つの欲求があるそうです。ひとつひとつ説明していきます。

 

1、生理的欲求

第1欲求は、生きていくために必要な本能的な欲求です。

食欲、排泄欲、睡眠欲など。

何にしてもまずはこれらの欲求を満たすことを優先して行動します。生きるためには絶対必要な欲求です。

 

2、安全欲求

1の基本欲求がある程度満たされると、今度は危険から身を守りたいという欲求が現れます。衣食住の住ですね。「雨や風をしのげる場所が欲しい」「健康でいたい」など。

 

3、社会的欲求(帰属意識)

安全がある程度確保されると、今度は仲間や集団を求める欲求(帰属欲求)が出てきます。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的な不安を感じるそうです。

 

4、承認欲求(尊厳欲求)

社会的欲求の次に芽生えるのが承認欲求。他者に認められたい、受け入れられたいという欲求です。1~3の欲求と違い、4,5は内側の心を満たしたいという欲求になります。

 

ちなみに、

1~3は、外側で満たされたいという低次の欲求

4~5は、内面で満たされたいという高次の欲求

と分けられています。

 

 5、自己実現欲求

4の承認欲求が満たされると、今度は自分の活動や成長に関心を持つようになる自己実現欲求が芽生えてきます。自分の持っている才能に興味を持ったり、何か創りたいと思うなど。この段階だと、他者のため、や他者の承認を求めるために…というよりも、自分のために動きます。

 

 

承認欲求は4段階目!

この図を見ると、承認欲求は生きていくうえで必要な欲求を満たしていくと自然に芽生えてくる自然な欲求なのかな、というのが分かると思います。

 

食料が確保される

安全に住めるところが確保される

社会という集団に帰属する

その集団に認められたいと思う。

そしてその承認欲求が満たされたとき、自己実現欲求が出てくる。

 

 

人はもしかしたら、認められている、受け入れられているという安心感があるからこそ、自分を生きられるようになるということなのかもしれませんね。

 

そう考えると、自分のためではなく他者に認められたい(評価されたい)というのが動機の行動は、自分を真に活かしているのではなく承認欲求を満たすための行動だ、ということになります。

 

 

Point:自分のための、人のため

例えば、会社を退職し生活費が危うい… 生きていけるか分からない… という「安全・生理的欲求の危機があったとしても」人を救いたいという場合がありますが、

その場合は生活面・安全面の危機から目をそらし、他者を助けることで自分を助けようとしている場合があります。

これは、自分が救われたい(欲求を満たしたい)という欲求を認識できていない状態で、 救われたい対象が「自分自身」が「他者」に置き換わっているためだと思われます。

この場合は「承認欲求」を満たすために他者を救うことになりますが、生理的・安全面などの下の欲求がグラついているために安定性がなく、自己犠牲的です。

 

 

アドラーは承認欲求を否定している

 

アドラーの個性心理学では、この承認欲求を否定しています。

承認欲求に囚われている限り、幸せになることは出来ないとしているからです。

 

そこのあたりを、次回詳しく書きたいと思います。

 

 

(参考書籍)

 

マズロー氏の理論を読んでみたい方にはこちらをおススメします。

今回紹介しました5段階欲求についても載っていて、分かりやすいです。

人間性の心理学―モチベーションとパーソナリティ

 

こちらは、5段階欲求やマズロー氏の基本理念を知ることが出来るほか、欲求をさらに深く魂レベルで解説しています。意欲的に生きたい人におススメです。

完全なる人間 [第2版]:魂のめざすもの