自分の心に聞くブログ

心と魂に従って自由に生きていく実験ブログ

一つを認めるのに他を批判する必要は無い

 

こんにちは、ゆうきしほです。

 

今回は、これを知ると心が楽になるよ、ということをシェアしたいと思います♪

 

f:id:kokoronikiku:20190917091944j:plain

無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

 

 

例えば、他の誰かのやっていることやメソッドに強い批判を感じた場合や…

「あれは○○だけど、この人のはすっごい良い」と、何かを認める時にもう一つを無意識にディスってしまっている場合など。

 

恐らく、このような「批判」のエネルギーがある時、

心はとても緊張しています。

 

悪いことではありませんが、

それが続くとより攻撃的になっていくこともあります。

 

噛みつくと、相手も嫌な思いをしますが、自分も嫌な思いをします

それはやめていったほうが、自分を良いコンディションに保てます。

 

 

これも良い、あれも良い

何か、ケーキ屋さんで買いたいケーキを決められない人のような見出しですがw

 

自分が良い(正しい)と思っているものを肯定するために、他のものを批判する必要は無いという意味です。

 

自己啓発系のメソッドやスピリチュアル系だと尚更あるあるなのかな?

 

Aを褒めるのに、Bを貶す必要はないということです。

 

私は社会人になりたての頃、これを知ってから気持ちが楽になりました。

だって、例えばA(自分が良いと推しているもの)の良さを認めるためには、

BやCは「これは間違っている」と言うことを証明しなきゃないと思ってたので…。

 

 

Aが自分に合っていた、好みだった

BやCは自分に合ってなかった、好みじゃなかった

 

以上。

 

これでよかったんです(笑)

当時は本当に目からウロコでしたね…。

 

 

結局のところ、自分に合ってるかいないか

 

私は刺身が嫌いで食べられません。

反対に、刺身が大好きな人はたくさんいます。

 

花柄が大好きな人と、苦手な人がいます。

Aのメソッドがしっくりくる人もいれば、Bのほうが良いという人もいます。

 

つまり、人の数だけ違いがあります。

 

間違いがあるのではなく、違いがあるだけです。

 

突き詰めていけば、どのメソッドも食べ物も生き方でも、

自分の好みなんです(^^♪

 

自分に合わないものだと「不正解」に感じてしまうし、

それを持ち出されると自分が正解だと思ってるものを否定されているような気がするから攻撃したくなるだけだったりします。

 

 

自己否定をやめると批判も和らいでいく

 

自分という存在は一人ですが、その内側にある思いは一つではありません。

どんな人にも色んな思いがあって、色んな顔があります。

100%慈悲で統一された人などいません(笑)

そうなったら生きてる意味ありませんし。

 

そんな自分の、良い顔も悪い顔も受け入れて赦していけば、

AもBも良いな

Cは私には合わないけど、この人は好きなんだな

と赦せるようになってきます。

 

 

自分で自分を「これで良いんだ、これが私だ」と心の奥から赦せるようになれば、内外へのジャッジもなくなっていきます。

批判する必要がないというのが自分で分かってくるから。

 

批判がなくなってくると、自分も生きやすくなります。

自分らしく生きるのを一番批判しているのは、実は自分ですから…。

 

自分の好みと反対のものを好む人もいる。

ということを理解するだけで、自分の内側が自由になります。

 

 

まー良いんじゃないかな

 

合わないものを見たときや、

自分が好み系以外の話を聞いたときなどは、これを言えばジャッジという苦しみから抜け出せます。

 

自分がどうあれ、その人はそれが良いから好きなんだし、

それをやりたいと思っているからやっています。

見えないだけで覚悟を決めているかもしれません。

 

そこを、その人じゃないあなたが批判してもしょうがない(^^)

 

 

その人がそれを信じているなら、良いじゃん♪

同じように、私はこっちを好き、で良いんです。

 

 

批判というのは、それだけでエネルギーを消耗します。

しかも、したからと言って自分の心は満たされるどころかどんどん狭く硬くなっていきます…。

 

そうすると、自分自身が本当の意味で自分を生きようとしたときに、

自分に跳ね返ってきます。

(それが、過去に自分が否定していた生き方ならなおさらね)

 

 

大好きなその人と考え方が好きなら素直にそれ好き!でいるほうが、

自分の心にも良いです。

 

 

なので、あれも良いな~♪これも良いな~♪

あれはあれで良いんじゃないかな~♪

 

という軽い気持ちでいると、苦しさは消えていきますよ。

 

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました(^^)