自分の心に聞くブログ

心と魂に従って自由に生きていく実験ブログ

他者の視線が怖かった昔

 

こんにちは、ゆうきしほです。

 

今回は、人の視線が怖くて仕方なかった時のことを書きたいと思います。

同じようなことで苦しんでいる人の、励みになれば良いなぁと思います。

 

f:id:kokoronikiku:20190823165205j:plain

 

人に笑われているんじゃないかという観念

子供時代からつい最近までこの妄想に悩まされていました。

女性も男性も年齢も関係なく、二人以上で歩いている集団が怖くて仕方なかった。

 

クスクス笑っている場面を見ると、自分が笑われているような気がして、

そこから意識が離れず辛かった。

 

自己価値も自己肯定も無いに等しかったのもあり、

もともと軽い引きこもりで、

職場と家の往復だけ…

会うのは職場の人と家族だけ(一人暮らしだったときは職場だけ)

という狭い活動範囲で過ごしてました。

 

一時期、買い物も普通に出来ないほど周りの目が気になり、

スーパーに買い物に行くのもかなり苦痛な時期も^^;

 

商品を見るけど、

周りで普通に買い物をしている人たちが気になって…

自分を見て笑ってるんじゃないか…

など、買うものよりも人の方ばかり気になって、本当大変でした^^;

 

今思うと、他者視線恐怖症だったなぁと思います。

(参照:視線恐怖症 - Wikipedia)

 

実は30代になりたてのころまでそれが続いていて、人前に出るのは本当にしんどかったですw

 

それを「人前に出よう」と決めたのは単純に、

 

このまま暗い人生は嫌だ!変わりたい!という思いが上回ったからです。

 

お恥ずかしい話ながら…

 

変わろうとして自分を否定していたり、

人の真似ばかりしたり、

笑っている人が嫌いで、

自分が変われないのを外側のせいにしたり、

自分に正直に生きている友人に噛みついたり

 

マジで色々やらかして生きてきましたw

特に人に噛みつくのは得意技でした^^w

 

 

驚愕!他人は私を見ていなかった!w

 

ある時、スーパーに行ったとき。

いつもは他人が視線に入らないように頑張ってきたのを、あえて動きをゆっくりにして

他の人を観察してみました。

普通の人には何でもないかもしれないけど、他者視線恐怖症を拗らせると、これが結構勇気いるんです(笑)

 

自分が自分のことで精一杯なように、他人も人のことは見ていない

 

これをどうしても検証したくて、買い物しながら観察しましたw

 

そしたら、本当に見てないんですよね!

そりゃ、赤の他人を見るために買い物に来ているわけではないし、

ショッピングモールでも、特別派手な格好をしない限りガン見なんてしないです。

 

本当に、私はコソコソ笑われているわけではないんだ…

商品を選んでいる時、たまたま目が合うだけだった…

 

というのが体感で腑に落ちた瞬間でした。

 

それからは、

恐くなりながらも少しづつ出掛けることへの恐怖がなくなっていき、

今では一人でショッピングモールへ出かけられるようになりました。

さらに、今は一人で神社巡りもしてます。

(慣れると一人の方が気楽で良いんですよw)

 

一人でショッピングやランチをしている女性は予想以上に多かったし、

一人旅をしている人も老若男女幅広くいます。

また、よく見ると家族連れが多く、

 

一人で歩いている人を笑うような人は、誰一人としていませんでした。

 

たまに電車でコソコソ笑ってスマホをいじっているお友達組もいましたが、

それも、動画やネットを見て笑っているのであって

私を見て笑っているのではなかったです。

(車内じゃ大笑い出来ないしねw)

 

 

恐くなったら、思い切って顔を上げる

今でも、一人で電車に乗ったりすると恐くなる時があります。

そういう時は思い切って周りを見回します。

(寝る時もありますがw)

 

恐いまま顔を下げるのではなく、勇気を出して周りを見回す。

それをやってますw

※あまりジロジロ見ると、逆に怪しいのであくまでも自然にですw

 

変な格好をしているわけでもなければ奇抜な髪形にしているわけでもなく、

明らかに不自然な化粧(眉毛が繋がってるとかw)でなけでば、

そもそも笑われる要素はないんです。

 

 

過去の苦い記憶を手放す

 

こういう視線恐怖症や対人恐怖症などは、過去の出来事が影響していたりします。

思い出さなくなったから安心…

今は昔よりだいぶ明るくなれたから安心…

頭でそう思っていても、心では未消化の感情が抑圧されている場合が多いです。

 

その当時に言えなかった言葉や思いがずっと残っていて、

それが、大人になった現在も深く影を落としています。

 

その思いを成仏させようと、

似たような状況を何度も引き寄せたりします。

 

人間関係が嫌で転職したのに、また同じような悩みや問題が起きるのは

自分自身が無意識に引き寄せているからなんです。

 

それを手放し、新しい自分の望む現実を創っていくには、

過去の未消化の想いを表に出す必要があります。

 

そこに関しては、書くと長くなるので省略します。

 

自分が、自分自身の中に封印した本当の気持ちに気付いて直接表に出して手放すと、

その思いは成仏するのでどんどん心が軽くなっていきます。

 

私もやってみましたが、本当にスッキリするんです!

ずっと奥にあったものが取れたような、身軽になるのが分かりました。

 

 

自分を赦せるのは自分だけ

 

今の自分がどんな状況であっても、

何を持っていても持っていなくても、

 

自分を赦せるのは、自分自身だけです。

そして、過去の自分を赦せるのも自分だけ。

 

赦すということは、文字通り

 

自分への批判や否定を止めること

 

自分を責めることを止める!

 

周りに何かを言われて自分を責めそうになったり、

うまくいかないことがあって自分を否定しそうになったら、

 

絶対に自分を否定しない

 

と決断すると、心がぐっと楽になります^^

 

他人の視線が気になっていたとしたら、そんな自分を責めない。

恐かったら、恐い自分を受け入れる。

 

それだけで、心はぐっと楽になります。

 

その積み重ねが結果的に、他人の視線が怖いという症状の緩和に繋がったんだなと感じました。

 

 

今回は、自分のことを少し書いてみましたw

つい最近まで人が怖かったし、人前に出るチャレンジは今も現在進行中です。

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございましたm(__)m