自分の心に聞くブログ

心と魂に従って自由に生きていく実験ブログ

人に求められてないから、やる意味が無い?

 

「あなたは、これをやって生きていくのが使命ですよ」

 

と言われたら楽だと思いませんか。

 

誰かに、

あなたは○○をやる人なんだよ

あなたに○○○をやってほしい

 

あなたのおかげで救われた!

あなたのおかげで…

 

という言葉を掛けられたら、自分が必要とされていることがハッキリ分かるし。

「私が、人を助けたんだ」と、自分の存在意義を見いだせるし。

 

 

でもね。

 

 

それは、そう言われることを期待して、待っていて掛けてもらえる言葉じゃないんだよね。

 

 

いつかそう言ってもらえるように…

私も、憧れのあの人のように誰かを救いたい!

だから誰かを助けたい

誰かの心を救いたい

 

うん。

 

 

一番救ってもらいたかったのは、

自分の心だったよね。

 

誰かを助けて、「特別」になることでやっと自分の存在を認めることが出来る、弱い気持ち。

 

好きなことをやる罪悪感

やりたいことをやる恐れ

本当の気持ちを出す恐怖や不安

周りが気になる弱い心

 

本当はそれを、救いたかったんだよね。

 

 

人に言われなきゃ、やる意味が無い? 

それなら、言われたとしてもやる意味無いよね。

 

待ってたって、何も起きないよ。

人から「それやって欲しい」と言われるのを待っていても、来ないよ。

 

自分がやりたいこと、やろう。

自分が好きなこと、ほっとすることをやろう。

 

自分が、安心すること。

安心する声掛け。

 

 

役に立たない自分も許します

出来ない自分も許します

好きなことをすることを許します

好きなことで人前に出ることを許します

 

 

私もあなたも、存在しているだけで誰かの役に立っています。

 


f:id:kokoronikiku:20191108081643j:image